少林寺拳法で人生は変わります。自信と勇気と行動力を少林寺拳法なら手に入れることができます。

少林寺拳法を修行し始めて40年になりました。

父が道場を開いたので、気が付けば、そこに連れられていました。初めて道場へ行った時の記憶は残っていません。

姉と弟も同じように少林寺拳法を学んでいましたが、この歳まで続けているのは私だけです。

 

少林寺拳法は突きや蹴り、投げも固めもあります。武道の一つと括られますが、攻撃はありません。まず、守り、そして、反撃をする事を教えています。勝ち負けを競うスポーツ武道よりも護身術と考えられるといいと思います。

競い合いは楽しいです。金メダルを目指し努力し、壁を自分の力で乗り越える。

子供達が目標、目的を持って努力をして喜ばない親はいないでしょう。

 

しかし、それならスポーツでもいいんです。

少林寺拳法を通して、私は「生きる」という事を学びました。

「生きる事」を考えるとは「死ぬ事」を考えることです。自分がどう生き、どう死んでいくんだろう、という事を考えるきっかけをもらい、その大きな問いへの答がわかってきました。

 

今、人生が長くなっています。ほんの数十年前まで人の寿命は60年でした。でも、今は80年を超えました。きっと、子供達が大人になるころ、100年が当たり前になっているはずです。

60年の頃は仕事を頑張れば人生を楽しむことができました。でも、今は定年を迎えた後何十年も残っているすごい時代になったのです。

これはつまり、競い合いだけでは愉快で幸せな生き方はできなくなった、という事です。

 

スポーツにはルールがありますが、人生にはルールがありません。

勉強して、いい大学に入り、大きな会社に入り、老後を暮らす。順調にそのレールを進んだとしてもそれで幸せになれるかどうか保証はないのです。

 

私は少林寺拳法のおかげで楽しく、愉快に生きる自信をもらいました。

それは簡単に言うと、強くなったのです。でも、この「強さ」は喧嘩をして勝った負けたの強さではありません。

この先、自分の前に出てくるだろうストレスに対して負けないで済む、とわかったんです。

 

子供の頃、私は人前に出るのが嫌いでした。失敗すること、恥をかくことがものすごく恐れていたのです。

それが仕事の方でも講師としてたくさんの人の前で指導をしたり、話をしたりしています。全く想像とは違う人生になっています。

なぜ、そうなったのか、それは自分の中に可能性を見つける事ができたから。可能性を感じて自信をもち、行動する。それが少林寺拳法の目指すところです。チャンピオンを作っていくのが目的ではありません。

 

最近、私たちの世代のスーパースターだった元プロ野球選手がニュースになりました。あれだけ活躍した選手が、引退したとたん、生活を崩し、道を外れたのです。チャンピオンだけが幸せへの道ではないのです。

 

自分の中にゆるぎない自信を持つ事ができれば、人生に起こる様々なことはドラマになり、立ち向かっていく事が出来ます。これは失敗をしない、という事ではありません。うまくいかない事があっても、そこから学び、また、挑戦していく事が出来るようになるのです。

今、世の中は便利で楽しくなったので、多くの人は危機感を持っていません。でも、それは「老い」という事を考えると困ったことの先送りでしかないのです。

自分は健康だ、元気だ、と思っていても、一つの病気でガラッと生活は変わります。

病気にならない人はいないのです。

 

人間が生きていく時、「生・老・病・死」という「苦」がある、とお釈迦さまは言われたそうです。その「苦」をどう愉快に過ごすのかが「強さ」です。

少林寺拳法を通して、その問題と向き合い、稽古を続けてきたおかげでそこに答えが見えてきたのです。どんな困ったことに出会っても、それを通して、新しい可能性に気付くことができるのが人間だったのです。

 

武道の世界は本来、一生修行、そして、それを楽しむものだったはずです。

子供の頃にわからなかった事が大人になってわかる事があります。20代でわからなかった事が30代、40代でわかる事があります。

今わからない事が死ぬ直前にわかる事があるはずです。

でも、今、一生続けるものを多くの人は持っていません。スポーツには引退がありますし、ゲームやカルチャーは飽きられ新しいものに代わられていきます。もしかしたら宗教はそれをさせてくれていたのかもしれません。日本に宗教は馴染みませんが、「お天道様がみているよ」という道徳を共通認識できた時代がありました。しかし、今、精神的支柱がなくなってしまった気がします。

 

少林寺拳法は勝ち負けを競い合いません。だからこそ、ちょっと前の自分と今の自分を比べる事ができます。一生、自分を探し続けることができます。

ついつい、すぐに、答えを求めたくなります。でも、その楽しさは一瞬でしかありません。一生楽しめるのが少林寺拳法です。

スポーツのように身体の大きさ、生まれ持った環境、続けていくためのお金、そういうものはいりません。この身体があればどこでも、稽古できるのが少林寺拳法です。

自分の人生の主役になりましょう。ぜひ、一緒にやりましょう!

 

見学、体験はいつでも受け付けています。お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせも遠慮なく。

090-5606-5648 道院長 山口

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

ツイッター

Copyright © 金剛禅総本山少林寺 愛知大府道院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.